【日経新春杯】プリキュア大逃走V!引退白紙も
3馬身半差の危なげない勝利。「ハナに立つとふわふわすると聞いていましたが、周りが行かないようでしたし、向正面でもリラックスして走れていました。長く脚が使えるので、先生(五十嵐師)の指示通りに3角から動いていきました。セーフティーリードをうまく生かせましたね」と会心の逃走劇を振り返る。
 本来なら、この一戦を最後に引退するはずだった。しかし、師は「まだ走れるのは分かった。次のことは決まっていません。2、3日ゆっくりして、そのあとにオーナーと相談してからですね」と白紙に戻すことを示唆。鮮やかな復活劇で風向きを変えた“根性娘”の動向に注目が集まる。(ヤフーニュースより)



本来だったらこのレースで引退する予定だった
テイエムプリキュア。

しかし、この感じでは現役続行って感じもする。
人それぞれ意見があると思うけど

私は繁殖に早くって思ってしまう。

昔、引退を伸ばしたタイキシャトルも次走は
断然の一番人気で敗北した。

「POGLOG」もチェック!

「馬ナビ」もチェック!


 タグ