武豊怒りの3着不利に泣く/ダービー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080602-00000005-nks-horse


keibazakki.png


<東京優駿(日本ダービー)>◇1日=東京◇G1◇芝2400メートル◇3歳牡牝◇18頭
 ブラックシェルは直線で差を詰めたが3着までが精いっぱいだった。1角の入りで、同厩舎のモンテクリスエスに前に入られる形になったのが響いた。「まともに挟まれて、あれで終わり。馬が怒って力んで走っていたので、スタミナを消耗した。ダービーであんなのをやられてはね」。普段は紳士な武豊騎手だが珍しく、しばらく怒りが収まらなかった。松田国師は「NHKマイルC後も調教は加減しなかったし、いろんな課題をクリアしてくれた。競馬だから、いろいろある」と語っていた。


珍しいのでは…。
比較的温厚な騎手である武豊騎手がここまで怒るのは。
余程腹が立ったのか?先週のオークスの池添・今回の福永と
関西の若手に渇を入れているのかもしれないけど…。


やはり注目騎手の発言だけに波紋も呼びそう。
武豊TVでどんな発言をするのか楽しみ。
 カテゴリ
 タグ