リージェントブラフが死亡
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080425-00000004-kiba-horse

keibazakki.png

02年川崎記念(交流GI)を勝ったリージェントブラフ(牡12)が7日、繋養先である北海道浦河町の大原ファームで病気のため死亡していたことがわかった。

 リージェントブラフは父パークリージェント、母サリーベル(その父グッドリー)、半兄に92年帝王賞(大井)、フェブラリーH(GIII)を勝ったラシアンゴールド(父ラシアンルーブル)がいる血統。

 98年9月に美浦・大久保洋吉厩舎からデビュー。現役時代は02年川崎記念をはじめ、01年ダイオライト記念(交流GII)、03年名古屋グランプリ(交流GII)を制すなどダートの中長距離戦を中心に活躍した。04年3月のドバイワールドC(首G1)9着を最後に、通算57戦9勝(うち地方14戦3勝、海外1戦0勝、重賞3勝)の成績を残して引退。引退後は種牡馬入りし、初年度産駒となる現2歳世代は2頭のみが血統登録されている。



リージェントブラフ
とても大好きだった馬だった。
特にデットリーマジックでイーグルカフェが勝利した
JCDでの2着が印象的。めちゃくちゃ人気薄だった
馬連600倍をゲットさせてくれた馬

交流重賞でも川崎記念・東京大賞典などで活躍した馬
ご冥福お祈りします。
 カテゴリ
 タグ